• タイムカードによる勤怠の管理

    • タイムカードは出勤した時刻、帰社時に専用のタイムカードに打刻するシステムです。



      このカードを回収して、日々の時刻を集計して労働時間を算出して給与に反映させます。

      不正がないように正しい時刻となるので問題ありませんでした。

      昔からあるシステムでしたし、正確でしたので問題ありませんでした。


      カードを集計するのが1カ月単位となりますので、その社員の労働時間を把握するのは1カ月後になります。

      以前はそれで問題ありませんでした。

      しかし、近年、労働時間が問題となってきております。

      goo ニュースのことならこちらのサイトにお任せください。

      社員が残業によるオーバーワークな状態であっても、実態の把握ができるのが1カ月後では労働災害、過労死となった時も現在、直近の労働時間は1カ月後しか正しいものがわかりません。

      それでは、企業として大きな問題となります。

      特に直近では、1カ月の労働時間が100数10時間となり過労死と認定されるケースも増えてきており、企業だけでなく社会全体として問題となってきてます。
      大企業ほど、社員の労働時間の管理がずさんなのです。


      ですので、企業側としては社員の労働時間を管理すために、日々の労働時間を管理しなくてはなりません。



      そのために従来型のカードに単に打刻するのではなく、打刻する機器と本社のコンピュータをオンラインで繋ぎ、打刻する時間をコンピュータに記録させるなどのような仕組みになってきてます。

      タイムカードの勤怠管理は1カ月単位の管理か1日単位の官営へと進化してきています。


  • ITの基本知識

    • コストパフォーマンスから見たタイムカードのメリット

      タイムカードは一般的な企業の勤怠管理のための仕組みとして最も知名度が高く、かつ有効なものとして広く普及しています。小規模な事業者であり労働者の数が少数である場合にはタイムカードが最もコストパフォーマンスの優れた勤怠管理の方法であるといえます。...

  • 驚く情報

    • タイムカードによる勤怠管理のメリット

      様々な企業が導入している勤怠管理法の中で、タイムカードによる仕組みを選択している企業は少なくありません。比較的少人数の事業所においては圧倒的なシェアを持っており、使いやすい勤怠管理の方法として注目を集めているのです。...

  • 最新情報・IT関係の情報

    • タイムカードの様々なモデルについて

      勤怠管理の仕組みとして非常に大きなシェアを持っているタイムカードについて、実際に詳しく調べてみると選択肢があることがわかります。多くの人がイメージしている単純に出勤時間と退勤時間の記録を取るだけのシンプルなものもありますし、それらの情報自動集計してくれたりExcelデータとして出力することができる機能を備えているモデルも存在しています。...

    • タイムカードの利用が便利である従業員の規模について

      タイムカードは最も手軽に導入することができる勤怠管理方法として多くの事業所に導入されています。従業員の人数が比較的少数である場合に有効な方法とされており、1人1枚のタイムカードを利用することで1ヵ月分の勤怠記録を残すことができます。...